FC2ブログ

【公式】高倍率グループディスカッション対策日記(京大GD練習会)(旧慶應GD練習会)

早期内定獲得者だけが知る、誰にでも適用可能な、5人の東大生相手でも連戦連勝し、倍率1000倍企業(ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ゴールドマン・サックス等)に内定者を量産したノウハウとは? 対策内容:GD(グループディスカッション)突破術、1次・2次・最終面接対策、ES(エントリーシート)最速20分で書ける突破率96%のテンプレート・自己PR深掘り・志望動機30分で完成し内定等。

コンサル対策補助資料:海外旅行の市場分析

海外旅行業界の市場分析です。

コンサルケース対策の「国内旅行者を増やすには?」の問のために作りました。

下記は海外旅行なので、少し様子が異なりますが、市場規模と顧客分析はこうやって行うのか、という参考までにごらん下さい。

ただし、この場合は、ケースで仮定で話を進められる情報量を超えています。
また、商品についても、どうしたら市場が拡大するか、ではなくて、どうしたら競合と差別化した商品ができるか?という細かい設定を多く含みます。

だから、マーケターの調査する「例」としては適切かもしれませんが、ケースの解説としては少し不適です。この記事にはあまり時間をかけず、流し読んでください。

以下、海外旅行市場について考察します(著者が大学で受けた講義のレポート課題の文中から転載)。




■海外旅行の市場規模と顧客分析

日本のGDPは伸びを見せ海外旅行者もそれにつれ増加していたが、2000年をピークに横ばい傾向。

⇒SARS、9.11が影響。


  * 2007年度、1月から7月までの出国率の変化

20歳~39歳、55~59歳まで減少(-0.5%前後)

40~54歳、60歳~増加(+0.5%前後)

高齢化が進む傾向。

  * SARS・9.11を目にした「初めて旅行を経験する」1976~1980年代生まれの20代が、海外旅行を敬遠する影響か。

  * 一方で安全を感じた「海外旅行経験値の高い」1936~1940年生まれの60代前半の旅行者数は+1.0%の伸び。



* 海外旅行者の経験値の推移

1987年には海外旅行者750万人のうち、海外旅行経験2~9回の「L層上位」が旅行者の半数以上、初めて経験する「L層下位」も2割程度を占めていたが、04年度は1600万人のうち、経験10回以上の「H層」が6割、「L層上位」が3割、「L層下位」は1割程度にとどまる。

つまり、経験値が蓄積され、「海外旅行のベテラン」が主要な顧客となった。

⇒旅行代理店各社はこれらの層をターゲットとする戦略を立てる必要あり


* 旅行経験と頻度で見た市場構成:

述べ旅行者数 1550万人

市場規模 2280万人

⇒つまり日本国民の1/6が年間0.8回海外旅行している。

うち、高経験高頻度の旅行者:790万人(推定市場規模320万人、1人あたり2~3回)

うち、低経験低頻度の旅行者:450万人(推定市場規模1630万人、4人で1回程度)

うち、高経験低頻度の旅行者:110万人

うち、低経験高頻度の旅行者:200万人

※休眠状態の海外旅行者数約3200万人は増減ほぼ同数で市場規模への寄与なし。

⇒つまり日本国民の4割は海外旅行に行く可能性があり、そのうちの1.5割が少なくとも低頻度で旅行を行っている。


* 旅行実施者による行き先方面の評価(2007年)

人気の高い国:ハワイ、イタリア、オーストラリア、アメリカ本土(満足度は中~上)

満足度の高い国:スイス、ニュージーランド、フランス、イギリス、カナダ、タイ、ドイツ、インドネシア(北欧中心)

アジア諸国は低~中人気、低~中満足度。

⇒一般的に言われるハワイなどは、中の上の満足度。スイス、ニュージーランド、フランスなどの酪農・農業が盛んな国が一番人気か。次いでイタリア、ドイツなどの芸術とハワイ、グアムなどのバカンスが同程度。最後にアジア諸国(ショッピング、外食、マッサージなど。日本でも体験できることを低価格で行えることがウリか)がくる。工業化が進んだ日本からの旅行者が「日常からの逸脱」を海外旅行に求めるとすると、納得の行く順位付けである。

バカンスという安易なものではなく、芸術や酪農・農業で自然に触れる、などのコンセプトをうまく伝えることがマーケティングにおいて大事なのではないかと考察される。


* ライフステージによる旅行動機の違い

期、年齢層、メンタリティ、ライフステージでの「役割」をそれぞれ分ける;

1期:0~20歳、トレーニング期、大人になりたい

2期:20歳~50歳、社会と家族への義務と責任、仕事や子育てに専念

3期:50~80歳、自己責任と自由、子育て終了

これらの層うち、2期と3期について旅行動機を考察する。

2期:「日常生活からの開放」「保養・休養」「美味しいものを求めて」「家族との親睦」

3期:「想い出を作る」「知識や教養を深める」「未知のものに触れたい」「友人とのつきあいを楽しむ」「健康増進」

* 3期においては、それまでの「手段としての旅行」が「生きがいと結びついた旅行」を求めるようになる。



■ 商品の例

* 「クリスマス」という特別なシーズン向け商品
* 北欧のデザインを売りにした雑貨のショッピングを具体的にイメージさせるパンフレットや企画
* モンゴルでの遊牧民のテント暮らし、搾乳体験を売りにした企画

ニッチ市場を拡大した市場の重層化を狙う

⇒成功例として、「風の旅行社」:ニッチが少し拡大し重層化(楽しみ方に余裕)

⇒ターゲット分析が重要

* ライフステージによる旅行動機の違い、を考慮する


■成功例:グローバルユースビューロ社

●アップマーケットをターゲット。「音楽」に関心のある層をコンサートに招待し、情報をリークするというマーケティング手法。
●自前の「お風呂を完備」した豪華客船で河を航行。年齢の壁を取り払う努力。

特徴:少人数、日程の自由度、ホテル・食事などへの生活の根幹となる「住」と「食」へのこだわり、体験ツアー・体験ビデオの発行など会社紹介の機会の充実、カスタムメード性

⇒代理店は「旅行業」から「文化事業」へ。

* マーケティングで訴えるべきもの

何処へ行く/何を目的にいく?

から、

「誰と行くか」=「何の話をするか」

という「背中を押してやる」「川上のマーケティング」の重要性。

Ex.学生向けの「仲間と楽しむ」旅行の企画。

* 成熟化市場のマーケティング実践例
* 成熟した生活者の目線
* ニッチが少し拡大し重層化
* 人生3期/生きがいとしての旅
* アップマーケットの出現
* 年齢の壁
* 旅+エンターテインメント
* 川上のマーケティング(背中を押す努力)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ko3ptop.com/tb.php/99-c4da3ffe

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

●1代目キャプテン・加藤将太

Author:●1代目キャプテン・加藤将太
※現在こちらから、11万円分の無料セミナーを配布しています(期間限定) https://jisedai.me/alpsp/

■■■ご訪問ありがとうございます。

当ブログは2008年から続く就活ブログで、閲覧した人から、外資系や高倍率企業に多数内定が出ています。

簡単に当ブログの歴史を説明すると、

●2008年:1代目キャプテン(京都大学大学院・加藤将太)がブログ発足
●2009年:管理人が就職

●2011年:管理人が起業(IT系)年商1億円
●2012年:年商2.6億円(教育系にシフト)

●2017-2018年:慶應出身の迫田良平(2代目キャプテン)にGD練習会の宣伝の場として当ブログを貸与。
2018年末に貸与終了。

●2018年:1代目キャプテンの会社が年商約6億円を達成

以上です。

年商6億円の会社の作った男が昔作ったブログだと思って読んで貰えたらまた面白いかもしれません。

■当ブログの支援で学生が内定・インターンが決定した企業(一部):
JR東海、JR西日本、NTT西日本、キーエンス、パナソニック、バークレイズ、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン、PwC、ローランドベルガー、サントリーホールディングス、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、デロイトトーマツコンサルティング、ビービット、ドリームインキュベーター、コーポレイトディレクション、日本生命、三菱東京UFJ銀行、大阪ガス、関西電力、三井住友海上、電通、博報堂、朝日新聞、テレビ朝日、リクルートホールディングス、じげん、国家公務員、他

■当ブログ管理人(加藤)の保有資格など:
MENSA会員
TOEIC900超
セミナー1回集客数1,450名

■1代目キャプテン(加藤将太)運営企業
加藤将太のインタビュー記事 https://thekeyperson.biz/interview/加藤将太/
次世代起業家・経営者アカデミー https://jisedai.academy
加藤将太の経歴詳細 https://kokodeglobal.com/message/

※11万円分の無料セミナーを配布しています https://jisedai.me/alpsp/

■2代目キャプテン(迫田良平)主催
※GD練習をしたいなら下記からどうぞ。

東京GD練習会 https://tokyo-gd.com/
大阪GD練習会(立ち上げたばかり) https://osaka-gd-190213.peatix.com/

ブログ内検索

RSSフィード

カテゴリー

管理者専用

管理人が参考にしていたページ

就職ブログランキング
サークル・留学ナシ、50社落ちのがけっぷち学生の通過したES、テスト、面接など。
京大生限定就活サイトAdStyle
京大生向け。外資系企業やコンサル業界を志望する学生の登録も多い。就活イベント情報、インターン体験記や内定者インタビューが満載。その数、実に60以上。また、イベントカレンダーもある。
ジョブウェブ「難関企業の就活攻略」
JobWebの会員限定コンテンツ(登録無料)です。各社選考情報や「内定までに何をしたか」が詳細に見ることができ、大変参考になります。現在コンテンツ200件以上、大変充実しています。
外資系への道標
外資に限らず、就職活動全般の戦略把握にあまりにも有名なサイト。
外資系恋愛戦略コンサル青春白書
外資系で働く管理人の友人のブログ。このブログにも情報提供してくれてます○

人気ブログランキング

就職活動ツール

リクナビ2019
みんなの就職活動日記(みん就)
coreda
マイナビ
ファクトロジック ワンキャリア

戦略コンサルリンク[2017年度版]

投資銀行リンク[2017年度版]

Template by たけやん