【公式】慶應GD練習会

早期内定獲得者だけが知る、誰にでも適用可能な、5人の東大生相手でも連戦連勝し、倍率1000倍企業(ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ゴールドマン・サックス等)に内定者を量産したノウハウとは? 対策内容:GD(グループディスカッション)突破術、1次・2次・最終面接対策、ES(エントリーシート)最速20分で書ける突破率96%のテンプレート・自己PR深掘り・志望動機30分で完成し内定等。

【厳選企業インターン情報広告欄】

コンサルのケース対策(網羅)

コンサルの対策

以下、コンサルのケース面接(とグループワークの基礎)の対策の基本的なもの全てです。

コンサルタントの仕事に憧れる人も多いと思います。
ケースが選考に課されているので、それができればコンサルタントとして優秀だと思っている人もいるかもしれませんが、ケースは紋切り型の選考方法なので、これができるからそのままコンサルタントとして適性がある訳ではないと思います(ケースの問答から頭の使い方を見ているだけ)。

ただ、選考プロセスの一環として一定のパターンで出題されるのは事実ですし、パターンがあるなら対策方法も立てらますし、実際対策することでGDと対面面接でのケースのパフォーマンスはかなり上がりますので、「しょせん付け焼刃の対策」とバカにせずやってしまいましょう。差がついたら嫌ですしね。

対策は基本的なものだけなので、5~15時間くらいあればだいたいOKです。
大学受験に比べたら軽いものですね。

ケース1つあたり3分でだいたい答えられたら某大手外資コンサルの2回目の1対1の面接突破、といった感じです。

練習しないと普通は難しいです。
これに筆記試験対策(だいたい全社通りました)と志望動機がOKならジョブに行けますよ(筆者も2社程行きました。内定は戦コン1社)。対面での面接(B社)、GDでの面接(D社)、筆記とGDでの面接(C社)などどれも扱っていますので、頑張って下さい。筆記でのケース(R社)も特に問題なく突破しました。筆者がケースを突破したのは大手B社1回目、D社、C社、R社です。落ちたのはA社のGDと大手M社の筆記等で、最大手でないM社と最大手でないB社等は受けていません。各略称と各社との対応は、このブログの右側にある「戦略コンサルリンク[2010年度版]」というリンクを参照して下さい。

あと失敗したら必ず反省すること。外資コンサルは10社くらいしかないので。
1社目で失敗したら2社目では必ず対策するように。

「MECEって良く言うけど、ケースって何?」という人のために。ケースのおおまかなお題と、これを答えたら合格したよというラインは以下のものです。

●ケースのおおまかなお題の例
某外資コンサルのGD。
全文はここ参照(あとで再度出てきますので、今見る必要は無いです)
**
GD40分。5人。
与えられたお題について個人で考える20分+そのお題についてグループディスカッション20分。
お題は

あなたはコンサルタントです。料理店の女将から相談を受けました。
『私の店は独自のルートで和牛を仕入れ、料理長である亭主の創作料理により少人数のお客様に振舞うサービスを自慢としており、芸能人からもご贔屓にしてもらい、毎日10組限定のサービスを提供している。
おかげさまで大盛況を頂き、半年先の予約もいっぱいである。このたび店舗の拡大を検討している。銀行に融資を相談したところ、上限は設けないからこの機会に拡大してはどうかといわれた。
経理を担当している長男はすっかり舞い上がってしまって、もっと若者にサービスを知ってもらいたいと言って店舗拡大に乗り気である。しかし私は何か心配で・・・。拡大するとしたら、どのような点に気をつければいいのでしょうか。』
そこでコンサルタントとしてどんなアドバイスをするべきでしょうか。



それにこのエントリで使う考え方を適用して答えると以下のような感じになります。

●依頼に応える
さて、ここで仮に「店舗を拡大する」とした場合の、成功の可能性を考えてみる。
<中略>
上記で整理したことより、拡大が成功するのは、以下の3要素が変わらずにいるときであるとする。
・サービス
・料理
・ブランド
それぞれについて懸案事項を列挙してみる。
・サービス
女将が従業員をしっかり教育しているからサービスが行き届いているのかもしれない。また女将が出迎えてくれるから、この店なら大丈夫という「安心感」のようなものがこの店のウリなのかもしれない。だからこそ芸能人が定着し、そして常に予約がいっぱいだからこその「人気が故の人気」が人を読んでいるのかもしれない。マニュアル化して拡大できるサービスなのか、拡大した店舗に融通するだけの人員はいるのか。
・料理
料理長の創作料理がウリならば、そういったことは継承されるのか。料理長以下の教育はどうなっているのか。料理人は罵倒してついて来いと教育する形なのか、それとも裁量を与えて部下を教育する形なのか。また料理長の"創作料理"は「マニュアル可能」なのか、あるいは料理長がいなければなんともならないのか。
また、独自のルートで仕入れた和牛というが、和牛は狂牛病にも見られたとおり風評の影響を受けやすいし、また価格にも変動が大きい。得意先のルートは拡販可能なのか。
・ブランド
先にも言った「芸能人などの富裕層」を対象として贔屓にしてもらっている安心がある。お客は少なからずそうした安心感を求めているに違いないが、若者向けにターゲットを変更したときのイメージはどうするつもりか。長男の言う「若者向け」のサービスというのは、「価格を下げる」ということだろうか?ならばその店は、価格を下げた分料理やサービスの質を下げなければならないだろう。
あるいは、価格も下げず、提供するサービス・料理の内容を下げないつもりだろうか?従来どおり富裕層が客として来るだろう。
また、価格を下げずに若者をターゲットとするということについて、提供するサービスや料理の内容を若者向けにするということだろうか。そんなことは可能だろうか。可能だとしたらどのような内容で、どういったイメージになるのだろうか。そのイメージは従来の店のブランドと同一ブランドとして扱うのだろうか。同一として扱うとしたら、同一ブランドでサービスや料理の内容が違うということは、客の混乱を招かないか。あるいは別ブランドとして扱うのだろうか。別のブランドを立ち上げる意味はあるのか。半年先まで予約がいっぱいなほどならば、あえてターゲット層を広げる理由はあるのだろうか。
などなど、心配事はいろいろある。



以上がおおよそ20分で考えた(その後20分議論した)ケースの例でした(僕のつたない選考の経験より)。

尚、ケースはこのページにある対策をパターンでやれば大丈夫ですが、ジョブを通過するためにはもうちょっと本で勉強したほうがいいです。
具体的には、ロジカルシンキングと戦略論、できればマーケティング論について各1冊ずつやりましょう。下記の「●発展編」について記事を読んでも良いです。ただし、戦略論のところがちょっと実例が少ないので、「問題解決プロフェッショナル」とかを読めばいいと思います。ロジカルシンキングについては「●発展編」内の記事で足ります。


1:フレームワークの習得
フレームワーク一覧
フレームワークの作り方

2:MECE(フレームワークやロジックツリーはMECEでなければならない)+ロジックツリーの習得
以下、順番にやって下さい(クリックしたすぐ先のページをやれば良く、その先の別のページを読む必要はありません)
MECE
例題 (全部やって下さい)
ロジックツリー
例題

●発展編(おそらく今は時間が無いでしょうから、余力がすごくあれば、という程度。)

ロジカルシンキング ←記事が多いので全てカバーするのは大変ですし、かなり応用も含むので、差しあたっては「●基礎」の蘭にある記事のみ読めばいいでしょう。
経営戦略とマーケティング ←戦略は少し理論が多すぎて実例が少ないので「こんなものがあるのか」程度に読みつつ気になるところを深く読めば良い。また、ページ下方の「マーケティングのフレームワーク」は役に立つと思います。



3:例題(ケースは、Googleを使っちゃダメです)
●見積もり+拡大
外資コンサル1
関連 (中段「答えのあるGD」の例題を参照。)
●見積もり+拡大(縮小、と言った方が正しいですが)
外資コンサル2 
見積もり(牛の頭数)→縮小(ホームレス、「●●」をあなたの市町村名に置き換えて下さい)

4:練習問題(全部やって下さい。答えを出すまでGoogleを使わないこと!答え合わせは必要ありません(筋が良いかはだいたい自分で判断できる)が、気になる場合はGoogleで調べた答えが「自分の出した答え×3、÷3」の範囲に納まっていたらOK。)

注:以下の問題は、外資コンサルへの道から著者が問題を引用し、一部に解説を付加したものです。

【①見積もり】
・日本の電柱の数は?
・日本の傘の数は?
・国語辞典の市場規模はどのくらいか?
・日本にあるテニスラケットの数は?市場規模は?
・世界中にゴキブリは何匹?
・サッカーボールは何個あると思う?
・日本で消費されるトイレットペーパーの数は?
・日本で昨年1年間で消費された割り箸の本数は?
・日本に救急車は何台ほど存在するか?
・シャンプーの市場規模は?
・鬱病患者が増えている。関連マーケットを含めて、この分野はどのくらいの市場性がありそうか?

【②拡大】
業界
・牛肉の消費量を2倍にするには?
→「外資コンサル2」で見積もったが、世代ごと、調理法ごと、など、どのセグメントを拡大するのが一番消費量が拡大するか。例えば20代男性が一番消費量が大きいなら、20代男性に対しての戦略を検討せよ。ターゲット設定を明確に!
・関西国際空港の売り上げを伸ばすには?
・ 航空業界の収益を伸ばすには?
→一度検討項目を列挙せよ。前問の関空の売り上げを伸ばすには?の答えは全てその検討項目中に納まっている必要あり。漏れのチェック。
・オートバイの売り上げを上げるには?

商品・企業
・ 蝶ネクタイを流行らせたい。どうすればいいか。
→「なぜ人は蝶ネクタイをするのか」を明らかにせよ。使われる場面を全て想定してみよ。世代、性別、価値観などに共通点はあるか。あるとすれば、それらの人にアプローチするにはどうしたらいいのか。4Pで考えてみよ。広告はいくらかかるか。それによりどれだけ拡大が見込まれるか。収益性はあるのか。(本番でもできれば、時間が無いとしても、そこまで検討することを前提とした精緻な分析を行うことが望ましい)
・日本の米をヨーロッパで売るには?
→日本の米とヨーロッパの米の違いはどこか。まずブレーンストーミング(頭の中にあるアイディアの吐き出し)を1分で行ってみよ。その後、要素を抽出してみよ。その上で、比較優位・比較劣位について全てMECEに検討せよ。それをフレームワークまたはロジックツリーで検討せよ。その上で、日本の米が比較優位にある要素について、その要素を訴求するのはどのターゲットに対してが一番有効化を検討せよ。それが解決策となる。

国際
・国内旅行者を増やすには?
→1:国内旅行者とは何か、定義せよ。日帰り旅行者は国内旅行者か。公園に行ったら旅行者か。万博公園に車で日帰りならどうか。1泊以上したらすべて旅行か。友達のうちに1泊したらそれは旅行か。反論の余地の無い定義を作れ。
2:その上で、国内旅行の魅力の要因を全て列挙せよ。
因数分解 国内旅行者=日本の人口×旅行に行く人口×国内旅行を選ぶ人口
日本の人口を増やす(出生率増加、死亡率低下、国外流出低減、国内移民増加)、旅行者を増やす、国内旅行割合を高める(国内旅行の魅力を高める、国外旅行の魅力を低減させる)
主に旅行者全体を増やすか、国内旅行の割合を高めることが必要だと分かる。

旅行者は何を求めるのか。
楽しみがコストを上回ると旅行に出発、というモデルで考えるとする。
楽しみ:人に会いに行く、箕面の猿を見に行く、温泉に行く、などブレスト・・・
→これを要素化。主に「観光」「温泉・リゾート」「スポーツ・アミューズメント」「学ぶ」「現地に住んでいる人に会う」など ←この要素で全てか?MECEか?
MECEかチェック;あなたの旅行に行く動機(友達としゃべれて盛り上がりそう!金払う価値ある!)という感覚は、上記要素の組み合わせで表現できるか?
コスト:金、時間、労力(体力)、労力(手続きや精神面)、安全性など・・・
→あえて答えは示しませんが、これも自分で納得いくまで要素を列挙してみて下さい。

これで、「旅行の魅力」「旅行のコスト」の要素が決まりました。

フレームワークの例
これを、旅行の魅力の要素、旅行のコストの要素、の順に横に全て、横軸として下さい。
縦軸に、国内旅行、国外旅行、と書いて、マトリクスとして下さい(フレームワークの作成)。
マスの中に、国内旅行はどうなのか、国外旅行の場合はどうなのか、などいろいろ書いて検討。

ターゲットの設定
→世代ごと、旅行者人数ごと、旅行目的ごと、年間旅行回数ごと、などから、2つ取り出し、またマトリクスを作って下さい(例:横軸 旅行経験(初心者⇔熟練)、縦軸 旅行頻度(ヘビー⇔レア)、とかいろいろ納得できるフレームワークを作る) その中から、規模が大きいところはどこか、そして国内旅行が強みを持っているマスはどこか、について見当。うまくターゲットを分類できる2軸を設定する。2軸で足りなかったら複数種類作ってみて有効そうなマトリクスだけ残す(こういう作業に最初は時間がかかるので、コツを得るまで試行錯誤する必要あり)。

戦略の決定
→ここまできたらアイディアベースで列挙したらいいでしょう。

ご参考:海外旅行の市場分析

チェック
次のページを参照してみよ:Googleで「旅行」「目的」で検索した結果(自分の出した結果との比較検討に7~15分かければOKです。旅行の魅力の要素やターゲット設定、それから立案した方策の妥当性について考えながらデータを眺める。)  数分~数十分で考えた上記ケースの回答が、いかに大雑把だったかが分かる。また同時に、短時間だったとしても、長時間かけた場合と変わらない解の方向性を出せることが分かる。
この調査には100時間かかるかもしれないが、ケースとして適当に数字や仮定を置きながら検討することだけならば数分でできる。
「長年社内の経営陣が調査しても何も有効な解決策が出ない」問に、「短期間で有効な解決策の方向性を示す」のがコンサル(の目標)。尚現実の問題はケース問題のように答えを出したからといって、答えがすぐ出る訳では決して無い。頭の使い方を見ているだけ。

・20代以下の囲碁人口を倍増させるには?
・日本人のアカデミー賞を2倍にするには?

店舗経営
・ キヨスクの売り上げを伸ばすには?
→経営の知識 因数分解
売り上げ=単位面積あたり売り上げ×述べ床面積
売り上げ=経営時間×1時間当たり客数×顧客単価

時事
・次回オリンピックで日本の獲得メダル数を倍増させるにはどうすればいいか?

スポーツ
・日本の(あなたが最も詳しい・やっていたスポーツ)の人口を倍増させるには?
→例えばあなたがスキー部なら、「日本のスキーの人口を倍増させるには?」

●提案(ここから難しいですが、頑張って下さい。)
外資コンサル3

【③提案】
・ユニクロに勝つ戦略を考えよ。
→ユニクロの強みは何で、誰に売れているのでしょうか。
・柔道の競技人口が減っている。その要因を分析して、柔道振興策を考えよ。
→要素抽出とターゲット設定。
・利潤追求のための学校を作る場合、どんな学校?
・新幹線でできる新サービスは?
・少子化、晩婚といわれて久しい。ウェディング業界がとりくむべき重要なポイントはなにか?
・ある自治体が、12億円を投じて美術館の建設を行なおうとしている。いままで投資対効果という視点がなかった分野だが、建設の是非についてどのような視点から論じるべきか?
・商店街にクリーニング店を新しく出店する。まわにりもいくつかクリーニング店があるが、どうすれば勝てるか?

以上でコンサルのケース対策は全てになります。第8回GD練習会の事前課題も以上までです。

コンサルのケースの対策については必要かつ十分と思われます。お疲れ様でした。このブログでコンサルのジョブに進出できたら、非公開コメントにてお知らせください!

ご参考:ケース問題の一覧

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ko3ptop.com/tb.php/98-34d44fde

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業

Author:●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業
複数企業インターンを経験。複数企業からの内定を勝ち取った後、それら全てを蹴って在学中に起業。

・・・・・・・・・・・・

迫田です。私は、幾つかの企業のインターン・内定を得ましたが、全てお断りして起業し、代表取締役に就任しました。

私の就活は早々に終わってしまいましたが、就活やインターンを通じた活動は人間としても、能力的としても、とても成長できるものでした。

この経験をシェアするため、この度、有志と共に『慶應GD練習会』を設立しました。

参加者は[1]最終面接に東大生5人と共に6名残っても唯一内定を取った面接突破術、[2]倍率10倍GDでもグループで唯一勝ち残る常勝法、[3]超人気企業に内定した先輩との繋がり、[4]優秀な同期との繋がり等を提供していきます。

★毎週開催する練習会の情報を得るには→ LINE ID: @kogd

尚、本ブログは、2009年生向けに京都大学で活動していた1代目キャプテンから、ひょんなことから知り合いになった2代目キャプテンこと迫田が受け継ぎました。

当ブログの前身である「京大GD練習会」は10年前から存在するノウハウですが、主にグループディスカッションについて考察し、倍率10倍×2回のGDで常勝できる技術や、外資系コンサル内定(マッキンゼー、BCG他多数)、外資系金融(ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー他)、5大商社他、多数のインターン・内定実績があり、ノウハウとして確立され、その当時のGDのあり方にかなり影響を与えた京都大学では伝説となっているほど影響を与えたブログです。

現在、慶應GD練習会は、毎週のように三田キャンパスにて、GDの練習会を行っています。

10年の時を経ても色あせない鉄板のノウハウと、当時から進化した最新のノウハウを交えて、更に成功率の高いノウハウと進化した場を提供していきます。

また、2017年秋ごろには新規登録を締め切って審査制・クローズドなサークルへ移行しますので、ご登録はお急ぎください。

あなたが慶應・東大・早稲田の大学生の場合、無条件で登録できます。→ LINE ID: @kogd

大学を限定している理由は、練習会の質の担保と相互学習促進のためですが、その他の大学生の場合、まずは迫田個人のLINEID:「@docotor8」に個人相談ください。

Facebook:@ryoheisakota
Twitter:@sako_ryo

ブログ内検索

RSSフィード

カテゴリー

管理者専用

管理人が参考にしていたページ

就職ブログランキング
サークル・留学ナシ、50社落ちのがけっぷち学生の通過したES、テスト、面接など。
京大生限定就活サイトAdStyle
京大生向け。外資系企業やコンサル業界を志望する学生の登録も多い。就活イベント情報、インターン体験記や内定者インタビューが満載。その数、実に60以上。また、イベントカレンダーもある。
ジョブウェブ「難関企業の就活攻略」
JobWebの会員限定コンテンツ(登録無料)です。各社選考情報や「内定までに何をしたか」が詳細に見ることができ、大変参考になります。現在コンテンツ200件以上、大変充実しています。
外資系への道標
外資に限らず、就職活動全般の戦略把握にあまりにも有名なサイト。
外資系恋愛戦略コンサル青春白書
外資系で働く管理人の友人のブログ。このブログにも情報提供してくれてます○

人気ブログランキング

就職活動ツール

リクナビ2019
みんなの就職活動日記(みん就)
coreda
マイナビ
ファクトロジック ワンキャリア

戦略コンサルリンク[2017年度版]

投資銀行リンク[2017年度版]

Template by たけやん