【公式】慶應GD練習会

早期内定獲得者だけが知る、誰にでも適用可能な、5人の東大生相手でも連戦連勝し、倍率1000倍企業(ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ゴールドマン・サックス等)に内定者を量産したノウハウとは? 対策内容:GD(グループディスカッション)突破術、1次・2次・最終面接対策、ES(エントリーシート)最速20分で書ける突破率96%のテンプレート・自己PR深掘り・志望動機30分で完成し内定等。

【厳選企業インターン情報広告欄】

GDで建設的に議論をする方法(基本編)

GDの基本的な進め方について解説します。最後に、GDで使うフレームワーク(枠組み)を書きます。よく学んで、実践で磨いてください。

GDで建設的に議論をする方法(基本編)


まずは、GDの基本用語を解説します。

■基本用語
ブレーンストーミング
・・・みんなの頭の中にあるものを掃き出すこと、の意。議論が始まって、とりあえず全員の率直な意見や考えを場に引き出して、共有することが目的。
構造化
・・・得られたアイディアや共通項を元に項目ごとに分けたり、軸で切ったりして、解決策や具体的な言葉を入れる「箱」を作ること。KJ法などの考え方を参考に。図を作ると、全員が共有できて、効果的。(ある項目の箱が空だったらそこに抜け落ちた議論があるということが分かったり、逆に箱に入りきれない意見から、より一般的な構造を作りだすことで議論が深まったりする。)
フレームワーク(枠組み)
・・・構造化する際に使う箱のパッケージのこと。有名なもので3C、4Pなど。このページで解説します。


次に良いGDとはどう進行するGDか、概念を示します。


■GDの基本的な議論の方法
ブレーンストーミング⇔構造化
・・・基本的にはみんなのアイディアを出しながら、構造化し、逆に構造化した図から具体的なアイディアを出して、新しい構造を作り出していきます。「鳥の目(bird's eye view)と虫の目(insect's eye view)」とも似た考え方です。


具体的に、GDの基本的な流れは以下になります。議論が抜けている項目(目的の共有など)があると、GDの最後で蒸し返して、結論の出ないなし崩し的なGDになります。


■GDの基本的な流れ

ブレーンストーミング⇔構造化

1:目的共有
2:論点抽出(問題点や市場の分析)
3:アイディア出し
4:まとめと結論・意思決定


20分の場合は以下のように進めたら良いでしょう。おおまかな時間を最初に区切って決めます。


■GDの基本的な流れ(20分の場合)
1:目的共有(3分)
2:論点抽出(問題点や市場の分析)(5分)
3:アイディア出し(5分)
4:まとめと結論・意思決定(5分)
※最初に
「あと17分あって、最後の5分はまとめに必要だよね。そしたら、残った12分を6分ずつに区切るとして、問題点6分くらいで分析して、それに対するアイディアを6分くらいでみんなで議論しよう。」
とか
「あと19分あって、最初に考える時間を4分くらいとろうか。そしたら、15分あって、最後の5分がまとめに必要だから、残りの10分が議論の時間だね」
とか、分類はざっくりとでいいので、時間の流れを明確に共有しておきます。
そうすることで、議論が停滞して結論が出ない危機の時に「もうあと○○分しかないから、ここはこのくらいのところ(落としどころ)にして、次の議論に移らないか」というように進めることができます。


答えの無いGDの基本的な流れは以下のようになります。


■GDの基本的な流れ(答えの無いGDの場合)
ブレーンストーミング⇔構造化

1:目的共有(何を持ってして目的を達成できたとするのか)
2:アイディア出し(ブレーンストーミングを行う)
3:論点抽出
4:まとめと結論・意思決定



次は答えのあるGD(ものを売れ(メーカーによくあります)、市場規模を見積もれ(コンサルによくあります)、などのテーマ)でのGDの基本的な流れです。


■GDの基本的な流れ(答えのあるGDの場合)
ブレーンストーミング⇔構造化

1:目的共有
言葉の定義、主体設定、目的設定
2:論点抽出(問題点や市場の分析)
フレームワークの活用。よく使うのが現状分析(3C分析+4P分析)、戦略策定(ポジショニング、ターゲット設定、コンセプト決定)など
3:アイディア出し
4:まとめと結論・意思決定


答えのないGD・答えのあるGDの具体例は2ページ先で解説します。すぐ見たい人はこちら。


次は:フレームワーク(枠組み)の習得(構造化に用います)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ko3ptop.com/tb.php/58-27e90f8a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業

Author:●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業
複数企業インターンを経験。複数企業からの内定を勝ち取った後、それら全てを蹴って在学中に起業。

・・・・・・・・・・・・

迫田です。私は、幾つかの企業のインターン・内定を得ましたが、全てお断りして起業し、代表取締役に就任しました。

私の就活は早々に終わってしまいましたが、就活やインターンを通じた活動は人間としても、能力的としても、とても成長できるものでした。

この経験をシェアするため、この度、有志と共に『慶應GD練習会』を設立しました。

参加者は[1]最終面接に東大生5人と共に6名残っても唯一内定を取った面接突破術、[2]倍率10倍GDでもグループで唯一勝ち残る常勝法、[3]超人気企業に内定した先輩との繋がり、[4]優秀な同期との繋がり等を提供していきます。

★毎週開催する練習会の情報を得るには→ LINE ID: @kogd

尚、本ブログは、2009年生向けに京都大学で活動していた1代目キャプテンから、ひょんなことから知り合いになった2代目キャプテンこと迫田が受け継ぎました。

当ブログの前身である「京大GD練習会」は10年前から存在するノウハウですが、主にグループディスカッションについて考察し、倍率10倍×2回のGDで常勝できる技術や、外資系コンサル内定(マッキンゼー、BCG他多数)、外資系金融(ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー他)、5大商社他、多数のインターン・内定実績があり、ノウハウとして確立され、その当時のGDのあり方にかなり影響を与えた京都大学では伝説となっているほど影響を与えたブログです。

現在、慶應GD練習会は、毎週のように三田キャンパスにて、GDの練習会を行っています。

10年の時を経ても色あせない鉄板のノウハウと、当時から進化した最新のノウハウを交えて、更に成功率の高いノウハウと進化した場を提供していきます。

また、2017年秋ごろには新規登録を締め切って審査制・クローズドなサークルへ移行しますので、ご登録はお急ぎください。

あなたが慶應・東大・早稲田の大学生の場合、無条件で登録できます。→ LINE ID: @kogd

大学を限定している理由は、練習会の質の担保と相互学習促進のためですが、その他の大学生の場合、まずは迫田個人のLINEID:「@docotor8」に個人相談ください。

Facebook:@ryoheisakota
Twitter:@sako_ryo

ブログ内検索

RSSフィード

カテゴリー

管理者専用

管理人が参考にしていたページ

就職ブログランキング
サークル・留学ナシ、50社落ちのがけっぷち学生の通過したES、テスト、面接など。
京大生限定就活サイトAdStyle
京大生向け。外資系企業やコンサル業界を志望する学生の登録も多い。就活イベント情報、インターン体験記や内定者インタビューが満載。その数、実に60以上。また、イベントカレンダーもある。
ジョブウェブ「難関企業の就活攻略」
JobWebの会員限定コンテンツ(登録無料)です。各社選考情報や「内定までに何をしたか」が詳細に見ることができ、大変参考になります。現在コンテンツ200件以上、大変充実しています。
外資系への道標
外資に限らず、就職活動全般の戦略把握にあまりにも有名なサイト。
外資系恋愛戦略コンサル青春白書
外資系で働く管理人の友人のブログ。このブログにも情報提供してくれてます○

人気ブログランキング

就職活動ツール

リクナビ2019
みんなの就職活動日記(みん就)
coreda
マイナビ
ファクトロジック ワンキャリア

戦略コンサルリンク[2017年度版]

投資銀行リンク[2017年度版]

Template by たけやん