【公式】慶應GD練習会

早期内定獲得者だけが知る、誰にでも適用可能な、5人の東大生相手でも連戦連勝し、倍率1000倍企業(ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ゴールドマン・サックス等)に内定者を量産したノウハウとは? 対策内容:GD(グループディスカッション)突破術、1次・2次・最終面接対策、ES(エントリーシート)最速20分で書ける突破率96%のテンプレート・自己PR深掘り・志望動機30分で完成し内定等。

【厳選企業インターン情報広告欄】

メーカーの人事担当者が求めるたった2つのこと

志望動機を考える際に重要なのは、当たり前のことですが「人事の目線に立って考える」ことです。「もしあなたが採用担当者なら自分を採用するか?」と考えると良いって言いますよね?もちろんその通りなのですが、さすがにまだ就職したこともない学生に人事の考えを読めというのは酷だろう。。ということで、すでに社会人となって様々な人事担当者、そして経営者にお会いしている私が人事担当者から見た、メーカーの志望動機を作成する術をこのブログを見てくれている皆さんにお伝えいたします。

メーカー対策


メーカー人事が見ていること

メーカーが新卒生に臨んでいることは、実は二つしかありません。その二つとは、

1. やめないでくれ
2. 商品の売ってくれ


です。営業であれ、開発であれ求めているのはこの二つだけです。開発系の方はわかりにくいかもしないので補足すると、商品を売るというよりは「売れる商品を作ってくれ」ということです。もちろん他にもプラスアルファとして必要な要素はいくつかありますが、必要なのはこれだけです。

例えば、東大生で成績オールAの超優秀そうな人がある外資系メーカーを受けたとする。コミュニケーション能力もあり、入社してくれれば即戦力になりそうなのだが、今後の人生のビジョンを聞いたところ、どうやら特にこの企業の製品を使っている訳でもなく、とりあえず外資だから受けてきたって感じだった。
この学生の面接での合否はどうだったか。答えは不合格。この人は二つの要素の内、1つ目のやめないでくれという要望を満たすことができなかったのだ。それほど現在のメーカーのやめてほしくないという思いは強い。
 では、この二つをトップするにはどうしたら良いか?その答えは販売心理学の世界的権威、ブライアン・トレーシーの理論にある。


ブライアン・トレーシーの理論を用いたメーカー対策


この二つの要望を同時に解決できる優れたメーカー対策戦法がある。その戦法とは「御社の商品大好き戦法」である。この戦法は人事もそうだが、経営者には効果抜群である。何故なら経営者は「自社の商品が好きな人の方が商品を売ることができる」と統計学的に知っているからである。また、自社の商品に愛情がある人の方が、やめないということも自明だ。このように、受ける会社の商品の愛を伝えるか伝えないかだけで結果は大きく違ってくる。

でもBtoCやCtoCの商品・サービス以外の商品・サービスでは使えないんじゃないのか、という反論が聞こえたような気がします。まさにその通りで、BtoB業態のみの企業ではその商品を使うこともできませんし、理解もしづらいかもしれません。(仮にキーエンスのようにBtoBtoCの業態であればその先の商品を褒めちぎればいいんですけど。。)。その場合は、そのサービス・商品に関しての評論家になってください。それだけで向こうの印象は良くなります。その際に気を付けなければいけないのが、商品・サービスに対する自分の意見を向こうに押し付けてはいけないことです。あくまでも相手の理解の範囲内で共感するといいうことが大切です。この「御社の商品大好き戦法」でおおよそのメーカーは突破できます。


まとめ

逆にこの方法をコンサルや外銀などで使うと、こいつ何も考えてないなと思われて落ちてしまうので注意してください。あくまでもメーカーに有効な対策です。商品については、各企業のホームページや商品ページに載っているので、是非メーカーのES、面接の際にはそれを意識して対策してみてください!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ko3ptop.com/tb.php/189-c7a55e8d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業

Author:●2代目キャプテン:迫田良平(慶應大学理工学部在学)・複数企業インターン及び内定を経て起業
複数企業インターンを経験。複数企業からの内定を勝ち取った後、それら全てを蹴って在学中に起業。

・・・・・・・・・・・・

迫田です。私は、幾つかの企業のインターン・内定を得ましたが、全てお断りして起業し、代表取締役に就任しました。

私の就活は早々に終わってしまいましたが、就活やインターンを通じた活動は人間としても、能力的としても、とても成長できるものでした。

この経験をシェアするため、この度、有志と共に『慶應GD練習会』を設立しました。

参加者は[1]最終面接に東大生5人と共に6名残っても唯一内定を取った面接突破術、[2]倍率10倍GDでもグループで唯一勝ち残る常勝法、[3]超人気企業に内定した先輩との繋がり、[4]優秀な同期との繋がり等を提供していきます。

★毎週開催する練習会の情報を得るには→ LINE ID: @kogd

尚、本ブログは、2009年生向けに京都大学で活動していた1代目キャプテンから、ひょんなことから知り合いになった2代目キャプテンこと迫田が受け継ぎました。

当ブログの前身である「京大GD練習会」は10年前から存在するノウハウですが、主にグループディスカッションについて考察し、倍率10倍×2回のGDで常勝できる技術や、外資系コンサル内定(マッキンゼー、BCG他多数)、外資系金融(ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー他)、5大商社他、多数のインターン・内定実績があり、ノウハウとして確立され、その当時のGDのあり方にかなり影響を与えた京都大学では伝説となっているほど影響を与えたブログです。

現在、慶應GD練習会は、毎週のように三田キャンパスにて、GDの練習会を行っています。

10年の時を経ても色あせない鉄板のノウハウと、当時から進化した最新のノウハウを交えて、更に成功率の高いノウハウと進化した場を提供していきます。

また、2017年秋ごろには新規登録を締め切って審査制・クローズドなサークルへ移行しますので、ご登録はお急ぎください。

あなたが慶應・東大・早稲田の大学生の場合、無条件で登録できます。→ LINE ID: @kogd

大学を限定している理由は、練習会の質の担保と相互学習促進のためですが、その他の大学生の場合、まずは迫田個人のLINEID:「@docotor8」に個人相談ください。

Facebook:@ryoheisakota
Twitter:@sako_ryo

ブログ内検索

RSSフィード

カテゴリー

管理者専用

管理人が参考にしていたページ

就職ブログランキング
サークル・留学ナシ、50社落ちのがけっぷち学生の通過したES、テスト、面接など。
京大生限定就活サイトAdStyle
京大生向け。外資系企業やコンサル業界を志望する学生の登録も多い。就活イベント情報、インターン体験記や内定者インタビューが満載。その数、実に60以上。また、イベントカレンダーもある。
ジョブウェブ「難関企業の就活攻略」
JobWebの会員限定コンテンツ(登録無料)です。各社選考情報や「内定までに何をしたか」が詳細に見ることができ、大変参考になります。現在コンテンツ200件以上、大変充実しています。
外資系への道標
外資に限らず、就職活動全般の戦略把握にあまりにも有名なサイト。
外資系恋愛戦略コンサル青春白書
外資系で働く管理人の友人のブログ。このブログにも情報提供してくれてます○

人気ブログランキング

就職活動ツール

リクナビ2019
みんなの就職活動日記(みん就)
coreda
マイナビ
ファクトロジック ワンキャリア

戦略コンサルリンク[2017年度版]

投資銀行リンク[2017年度版]

Template by たけやん